SiteMap

ローコスト注文住宅で夢を実現

部屋

家を建てるときに気なることといえば、まずは費用面の問題を挙げる人がほとんどでしょう。広いリビングの家に住みたい、南向きで庭付きに憧れる、などといった理想のほとんどは、全て費用面の問題がクリアしてこそ叶えられるのです。
しかし、家を建てるのには、建築費用だけではなく、土地がなければ土地代、ローンの保証金、登記費用など諸費用が必要となり、それは莫大な金額がかかるのです。理想の家を建てるためにいくらでもお金をかけられる、という方は問題ありませんが、そうでない方のほうが多いでしょう。そして、限られた予算の中で、できるだけ理想に近い家づくりをしていくこととなるのです。
筆者が家を建てよう、となったときに立てた予算は土地代込みで3000万円でした。筆者の住む土地は地方の田舎町であるため、土地代には1000万円、建物代は2000万円として考えることにしました。 そこでまず候補に挙がるのは、建売住宅です。できたものを見て決められること、費用が抑えられることにはとても魅力を感じましたが、もう少し自由度を求めて、結果的にはローコスト注文住宅という選択肢を選びました。
ローコスト注文住宅は、自由設計であるため、自分の理想を取り入れることが可能です。しかしここでポイントとなるのが、注文しすぎないことです。リビングだけ、などこだわりポイントを絞ることで、注文住宅でも理想の家を建てることができるのです。